三重県鈴鹿市・津市中心の火葬式や家族葬など経費を安く抑えた小さなお葬式

風邪にご注意ください

こんにちは。
広報担当の小倉です。

タイトルに書いた通り、風邪ひきました。
ちなみにスタッフの生川にも拡散して弊社は風邪ウイルスに感染しています。
マスクは必需品ですね。。。

今回の風邪は子供から移ったものでした。
どうやら子供からの風邪はより強力にひつこいウイルスに育つそうな話をききました。
それで今回は今までにないロング微熱モードでした。
生川は現在、鼻炎地獄だそうです。

 

 

さて今日は火葬式のお話を少しします。

火葬式とは通夜、告別式を行わず火葬炉に入る前に(お経を15分程度読んでいただく場合もあり)親族、知人、友人の皆さんでお別れをする形です。
※ご安置の際にお別れ会や知人や親族の方は顔を見たり、手を合わせにきていただくこともあります。

 

ここ数年ですごく増えて来ているお葬儀(葬祭)の仕方です。
火葬式家族葬傾向公正取引委員会の調べです。詳しくはこちら

 

このような実態調査を出してはくれていますが、見ている一般の方はごくごく一部ですよね^^;
もっと特集とかして世間に見てもらえればお葬儀も透明化するのになぁ。と思います。。。

 

親族が亡くなった場合で喪主様があまりお葬儀に経験がないと「どれが普通やる事で何が不必要か」が知りたくなる方がたくさんいます。
ここでこの公正取引委員会の葬儀の実態調査を知っていれば通例や傾向をご自身に照らせば考えやすいのですがなかなか難しいものですよね^^;
しばらくは葬儀社さんがお客さまに聞き取りやご説明しないといけませんね。

 

ですが調査の結果を見ると時代に合わせてお客様のニーズが家族葬や火葬式に変わっていってることや僕自身も火葬式が増えて来ている実感があります。
プラン内容として『火葬式』『直葬』を掲げている葬儀社さんはここ三重県ではかなり少ないので選択肢が少なく悲しい所ですが
大体、150,000円以上、安くても100,000円以上はかかるのでご注意ください。
ちなみにセカンドラインは88,000円以下でやらせていただきますのでお力添えが必要な場合は問い合わせて下さいね。

 

 

また小さな疑問や不明な点、なんでも問い合わせおまちししております。

以上、広報担当の小倉でした!