三重県鈴鹿市・津市中心の火葬式や家族葬など経費を安く抑えた小さなお葬式

賛助会員と福祉事業所

こんにちは!広報担当の小倉です!

毎年春になるとばあちゃんからのイタドリを楽しみにしています!
(イタドリを知っている同年代に今まで会ったことがない悲)

山菜の一種なんですが歯ごたえあってシーチキンと一緒に煮込むとまじ卍になります。
共感できる人はイタドリ割引しますね。

さて今日は以前要望があった会員制にしてほしいとの問い合わせがありましたので
その回答と内容をお話します!

まず弊社セカンドラインはHPでも会員制はやりませんと謳っていましたが
会員、非会員での損得を発生したくない思いからやっていませんでした。

しかし、不幸毎が起きてしまった場合、なにも情報を共有できていなかった親族の場合はセカンドラインを認知していなければ
連絡を入れることができないから証明書的なものがほしいと言われました。
このケースは障害福祉事業所からの問い合わせで、要はアセスメントシートや個人情報記録簿などに挟んでおきたいとの事でした。

ふむふむ。なるほどなぁ。。。と思いながら考えました。

そこでスタッフ皆集めて、話を煮詰めた所

『福祉事業所限定で賛助会員になってもらって会員証をファイリングすればいいんじゃね?』
と会議開始から15秒で決まりました。

そうです正しく言うと、
従来通り、会員、非会員の金額やサービスの損得はなく
賛助会員ということでセカンドラインを応援する人として会員を募り
証明書を発行してこちらにも控えを持ち事前に情報共有をするシステム

決定しました!

簡単にまとめるとそんな感じで
事前相談や生前予約の際にきちんと書類や証明書を賛助会員として発行するイメージですね!

老人ホームや障害福祉事業所の方には便利になりましたね!

ちなみにチラシは少し変えました↓

また他にも、こんな風にしてほしい!や
こんなことしてくれたら便利!などの声にもすぐに反応しますので
どしどし要望ください^^

以上、広報担当の小倉でした!

津市、鈴鹿市を中心に葬祭支援をしています!
従来のお葬儀に疑問や納得がいかない方、
従来のお葬儀をもっとリーズナブルに活きたお金の使い方をしたい方!!
一度セカンドラインに頼ってみてください。
全力でサポートします!!

059-344-4040 365日24時間、お電話繋がります。